起業家ネットTOP > 2012年2月

LLPの解説

新会社法の施行によりLLP(有限責任事業組合)は、新設されました。
この起業形態のメリットやデメリット、さらには活用方法まで解説します。

 

会社の設立

一般的には会社=株式会社と思われていますが、実際には様々な形態があります。
各会社に共通する性質は「法人格」です。法人格があることによって、経営者や会社オーナー個人としてではなく、
会社として契約ができたり、不動産や銀行口座を所有したりすることができます。
その反面、会社の登記をしたり、税務面が複雑になったりという手間もかかるのです。
会社の種類は、会社オーナーの責任の範囲と、出資者と経営者が同一であることを
原則としているかどうかで分かれます。
ここでは、株式会社及び合同会社、LLPの特徴や設立方法を詳しく解説します。