起業家ネットTOP > 株式会社 > 株式会社の解説

株式会社の解説

株式会社の特色の大きな特色は、会社所有者と経営の分離にあります。
株式会社の基本概念は、多数の出資者からお金を集め、経営者が資金を活用して利益を得て、
その利益を株主である出資者に還元することにあります。
そこから、会社所有者(株主)の「有限責任性」といった結論も導き出されるのです。
有限責任とは、株主は出資の範囲内でのみ責任を負うという意味です。

たとえば、会社の債務があり、その債務を会社の財産を清算しても返済しきれない場合でも、
株主は個人財産からさらにお金を出したりする必要が無いのです。

 

オーナーと経営者は別概念

 

以上のような基本概念によって成り立つ株式会社ですが、現実は異なります。
上場企業の場合、株主の多くは投資目的であり、会社の所有者となって配当を得たり会社に影響力を及ぼそうというよりは、
転売益のためにすぐに株を手放しています。また、中小企業の場合、会社の所有と経営という概念が同一化しています。
株主と経営者が同一人物であるようなケースが多く見られるのです。
商法としては、このようなケースでは、株式会社以外の会社を選択することを念頭においているのですが、
やはり背伸びをしてでも株式会社を名乗りたい社長さんが多いのです。
有限責任の概念も机上の理論のなっているケースが目立ちます。
中小企業で経営者と株主が同一である場合、経営者は個人として会社の債務を保証させられます。
また、経営者が不動産を所有している場合などは、それを担保として差し出させられます。
これでは、有限責任であることの意味は無いに等しいのです。

 

株式会社のメリット

 

株主の有限責任のほかに、「信頼性」のメリットがあります。昔は株式会社を作るためのハードルが高かったこともあり、株式会社というとある程度の規模や立派な事業内容を想像させる力があります。また、いまだに株式会社以外とは取引をしないという会社や公共機関も存在しているのです。また、株式会社ブランドの信頼性により、顧客の新規開拓や従業員の募集に対してアドバンテージを得られることでしょう。しかし、会社法の施行により今後はブランド力が低下することが予想されているため、今後の先行きは不透明です。なお、株式会社でも、出資者と取締役を兼ねれば一人で会社を作ることができます。

 

 

株式会社のデメリット

 

多数の出資者の存在が法律上念頭に置かれていることなどから、(会社法施行によりかなり緩和されたものの法律の縛りがきつく、)会社の運営に対して柔軟性がありません。<br />そのため実態を無理やり法律に適用させるために、株主総会や取締役の開催や計算書類の公告などで違反が横行してしまっているのが現状です。<br />また、設立費用なども高く、法務、税務・労務といった点でのランニングコストも他より高額になるケースが多くあります。